top of page

Nuke Tips 2 : $guiとExecuting

今回はnuke.executing()というpythonが非常に使いやすかったので紹介したいと思います。 nuke.executing()は$guiと似た状況で使うことができます。 $guiはNukeを開いているときは1,開いていないとき(deadlineを使う時など)は0を返します。


Nukeが起動中なので1が表示される




Expressionタブに$gui





$guiを使うと重い作業の部分を無視して作業を続けることができます。 ただし、ローカルでレンダリングする時に1の状態でレンダリングされてしまいます。 nuke.executing()を使えばローカルのレンダリングもdeadlineもどちらもレンダリングするときだけノードを反映させることができます。 やり方は簡単で、$guiを書いたExpressionタブにnuke.executing()を書くだけです。

これでnuke.executing()が反映されました。 ただこれでは結果が '0'になってしまっています。今回は$guiで1を軽くしているのでそのまま応用できるように結果を1にしていきます。

先頭にnotを付けると反対の結果が表示される

nuke.executing()の前に "not" を付けることで結果を0ではなく1で返すことができます。

これで作業は軽い状態で行い、レンダリングだけ重い部分もレンダリングすることができるようになります!


閲覧数:241回0件のコメント

最新記事

すべて表示

set channel

autoMultiply

Comments


bottom of page