top of page

rd_ChannelContactSheet

更新日:2023年11月7日

色々なチャンネルを一括で見ることができて、使いたいチャンネルだけ呼び出すノードを作りました。内容はNukepediaにあるChannelContactSheetとほぼ同じですが、少しシンプルにしたのと、shizlogで紹介されているrd_chromaticityが追加されています。

rg_chromaticityはこちらの動画で紹介されています。 [Nuke Tips 04] シンプルな方が良い結果のときも?!色の抽出の仕方 Part 2


用途: luminanceやKeylightなどで使えるアルファチャンネルがうまく作れない時に、このノードを試して使えそうなチャンネルを呼び出すことができます。


内容:

全11種類のチャンネルを同時に見ることができます。 rangeはviewerでアルファチャンネルを見ながら確認することができます。

カラースペース、チャンネルを選択してCreateをするとColorspaceノードとKeyerノードを作成することができます。 shizlogで紹介されているrg_chromaticityも作成することができます。

このノードを選択した状態でCreateをするとこのノードに繋がった状態でColorSpaceノードとKeyerノードが作成されます。








閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

set channel

autoMultiply

Comments


bottom of page